• アーカイブ
  • カレンダー
    1月 2022
    « 12月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    ブログカテゴリ
    過去の記事
feed

社長のブログ

Home » 社長のブログ

今後の目標

2010年09月22日

嵐のように娘たちが、去って行った。大学に戻って、また冬休みに戻って来る。対していい事もない我が家に帰って来る私も、仕事ばかりで、娘達にあまり構ってやれないのに、それでも、家の方が、いいのだろう、今回は、私が、怪我をしてしまい。随分迷惑かけてしまい申し分ないって思う。私をおぶって、お風呂に運んでくれたり、食事を作ってくれて。本当助かった。二人の娘には、文句ばっかり言っていて、本当ごめんなさい。あなた達が、いてくれって、助かったよ、ありがとう。やっぱり素直に言えない、こんな、母親、可愛いくないって思ってるかも、息子の方は、冷たいもんで、大丈夫かって言う言葉もなく ただ母さん痩せんっと、一言葉、解ってます。今回は、身に染みました。痩せる!ぞーっ


[この記事を読む]


不幸な事

2010年09月15日

仕事をしていて、いつも不幸に、思う事は、仕事も、出来ないひどい上司に、出会ってしまった時。また、めちゃめちゃその上司が、人としても、どうかって思う事が、多い言動。悲劇の始まり、私にもあった若い頃!とうとう、辞めコカコーラという会社に入らせてもらった。そこの上司は、ワンマンだったけど、仕事は、できるし、私たち従業員全員を、可愛がりとってもいい人で、ぶっきらぼうだけど、気を、使って下さった。あの会社で、働く仲間の楽しい思い出は、あのいい上司に、出会えたから、かもしれない。一年間働いて、また元の会社に、尊敬出来る違う上司に抜擢され、戻ったけれど。あの、一年間は、本当、楽しかった。今の仕事も、やはり、人だっと、思う。会社人間の前に、人に対して誠実でありたい一流になる事は、人しても、心と軸になる事を磨いていかなければ、っとつくずく思う。嫌な会社の上司に出会うっと、特にここの働く人達は、不幸かもしれない、って思ってしまう。損得なく自分に正直に、良心を忘れず、かかわる人達を大切にしていきたい。人してどうかって思われないように、厳しく自分自身を見つめたい。


[この記事を読む]


足動かなくなって

2010年09月12日

ついに、左足が!動かなくなりました。今日朝から、周南市の健康診断に、保険センターに出掛けていきました。そこで、心電図を撮るのに、ストッキングを脱いでくださいっと言われ、ズボン姿の私は、なんっと、転んでしまい。全く左足に力が、入らず、歩く事が、出来なくなりました。保険センターの方が、車椅子に乗せてくださって、随分迷惑かけてしまいました。こんな時、人って本当の姿が、見えるのですね。ただ、冷視する人や、側に居ても、平気で、道をふさぎ、開けてあげょうっていう気持ちもない人達、自分も、歩く事が、困難なのに、荷物を持とう、って言ってくださるお年寄りの方、体の一部が、動かなくなって、いろいろな、人の気持ちが、見えてくる。やっばりこの国の一番の盲点だろうって思う。元気で、仕事があり、働ける人には、住みやすい、いい国だっと思うけれど、障害者や、体の不自由な、方達に対しては、少し冷たい国かもしれない、日頃元気な、私は、つくづく感じる。でも元気になるっと、また、忘れてしまう、人の痛みって、そうなってみないと、なかなか解らない。悲しい事だって思う元気で、健康なのが、一番だけど、気軽に手を差し
延べる優しい心は、もっと学びたい。数年前義理の母親を介護していた時いろいろヘルパーさんに教えて、頂いたことや、これからの、老後の練習をする気持ちで、介護の本を読もうって思います。知識が、すこしでもあれば、声も掛けやすいし、なにかの、役立つ事も、あるかもしれない


[この記事を読む]


お医者様

2010年09月10日

朝早くから、広島のお医者さんにきゅうに左足が、動かなくなった私は、出掛けていった。そこに、いい先生っと言われるお医者様が、居るって聞いて訪ねて行った。骨密度や、体の歪みなどいろいろ診ていただけた。あんた、家貧乏やろーっと聞かれ、はい、っと答えたら、クーラー付けてないから、体が、健康らしい事を言われた。我が家は、私が、センブー機も嫌な、せいもあり、事務所以外クーラーを付けていない。そして、貧乏って確かに当たっているかもしれない!っと笑ってしまた。ユニークな、お医者様に出会えて、楽しい一日が、過ごせそう少し通えば、まだまだ、丈夫な、体になるそうだ。


[この記事を読む]


2010年09月09日

少し秋を感じる。夜涼しくなった。朝は、寒気はないが、心地よい。去年は、虫の声で、眠れない〜事もあり、それに比べれば、今年は、不気味なくらい静、かもしれない、秋の味覚が、まだ味わっていない分、このまま、お鍋の季節になるのおでんも?松茸っとは、いわないが、せめて、梨の豊水食べたい!さんまの生がなく冷凍物が、多いスーパーになんっとなく味気無さを感じる秋です。神様せめて梨を葡萄を、っとせちがない私は、まだ、真夏気分で、疲れる〜っと、言っては、クーラーにかかっているトドです。


[この記事を読む]


チャリティーコンサート

2010年08月27日

徳山の文化会館で、アフラックっと山口県が、一緒に、小児癌の子供のためのチャリティーコンサートを開催しました。早見優さんや、より子さんたちも協力して、おこないました。私も微力ながら、お手伝いに参加しました。アフラックから、本社のスタッフが、来て頂き本当に凄いさすが本社勤務って感心した。仕事は、きれるし、動きも、愛嬌も、申し分ない、こんな人達っとボランティアできるって最高でした。


[この記事を読む]


突然のお客様

2010年08月24日

内の事務所は、余り人どうりの無い田舎の事務所だ、したがってめったにフリーの、お客様が、来る事はない事務所。暑いから、事務所にだけクーラーが、ついている我が家は、事務所に、なにかにつけ、この猛暑を避ける為事務所の、書類整理をする、朝から突然のフリー客、入って来るなり、ここは、感じが、いいって聞いてきた。証券を見て下さいって言われ、紹介が、ほとんどの私のお客様なのに、わざわざ訪ねていらしたお客様に、どうぞ、どうぞ、っといいながら、冷たいコーヒーを勧める。どなたかに聞かれたのですか?っと聞くっと、ええ評判がいいですあなたっと、言われなんだか、自然っと顔が、ほころぶ、ありがとうございます。っとやり取りし、一体誰に聞いて来られたのかな〜って考える。いろいろ提案し、今入っている保険の一覧表を作り解り易く提示する、いつも、入らせる保険ではなく、お客様が、入って喜んでもらえる保障を提案したいっと思いさせていただいています。 加入するしないは、お客様の自由だっと思っていますし、この仕事するまで、私自体保険が、複雑すぎて解りせんでしたし、どうしたら、理解しやすくなるだろうって真剣に
考え勉強しました。おバカなのに、保険の事は、しっかり勉強出来た。あんまり儲からない保険屋さんになってしまったけれども、感謝される事に、この仕事の楽しさを感じる、お客様に、入って本当良かったって言われ物しか、オススメしたくない。会社には、悪いけれども、キャンペーンや、なんかにまどわされず、大切なお客様を増やしたい。フリーのお客様わざわざ訪ねて来て頂き本当嬉しかったです。ありがとうございます。
本当嬉しかった。


[この記事を読む]


戦争と洗脳

2010年08月22日

大逆事件!ひどい話しだ。戦争中には無実の罪を背負い差別を強いられ、天皇にそむいた?ただ、ひどい仕事をさせる部落の差別が、あったらしいその人達をかばい差別をなくしたかっただけなのに、お寺の住職も、追われ遺族の方や、デツチアゲ?の為に親戚や友達にまで、めちゃめちゃ陰湿な、イジメ、精神的に与えられたダメージは、計り知れない虐待じみた、学校の先生の言葉コクゾクの子供が、いるっと名指しされ泣きながら、帰る子供、凄い惨いって思います。北朝鮮やったんやね。昔の日本は。しかも、逆族の町っと言われ町の人達皆が、白い目でみられ、就職や、進級も出来ない!なんっと、ひどい話しだ。戦争中、国家が、したことは、まだまだ続いている。しかし、特攻警察って、誰が、作ったの?この国は、一見平和だけれど、教育の、六、三制で、つくられた生産人間を作っている。って思います。ただ黙り黙々っと働く人間、文句を言いたくっても、言え無い教育、何故なら、先生は、静かにしなさいっと、叫び子供達の私語は、シャットアウト、もちろん、質問も、余り受け付けてくれない!だいたい、勤労、納税、教育、が、この国の国民の権利?訳分からん
、国民が、本当に望んで得た権利なんだろうか? 私は、おバカだから、勉強大嫌いでも、嫌いになったわけがある、いつだったか学校の先生に皆平等で、自由ですよ。って、授業で、言うから、先生そしたら、銀行の金利は、何故全部均一なの競争が無いって自由っていう意味が違う。って言ったら、おおちゃくな、子供っと罵られた。それ以来、元もと嫌な勉強が、より嫌いになった。でも、今になってあの頃の日本は、戦争に負けて強いられた、自由っていう意味さえも、解らない人達ばかりだったのかも。皆一緒が、安心の国?って思い込まされっている。洗脳って恐い、もっと世界に羽ばたける一人一人が、優秀なのに、日本人は、もっと誇りを持ち本当の意味で、羽ばたかないっと、いけない時期に来ている。

[この記事を読む]


子供達

2010年08月21日

いっだったか、子供に聞いてみた。お母さんの子供に生まれてきて良かったの?もっと金持ちの家に生まれてきたかったでしょう、って、思わなかった?すると子供は、お母さんでいいよ、勉強しなさいって言わないし、犬のさんほさぼるっと怒るくらいだから、確かに私は、勉強大嫌い!したがって、いつも成績は、びりから数えたほうが、速いかもしれない、いつも出来のいい二つ上の兄と比べられ母親に勉強の出来ない私は、事あるごとに言われ嫌な学生時代を過ごした。その反動もあり、自分の子供に勉強しなさい!っとか、子供と子供を比べたりしたことはなく、一度成績表をみながら、これやったら、兄ちゃんっと、かわらんね。っとぼやいていたら、当の兄ちゃんが、弟に向かって、そをなに悪いん?って言っていて分かてるなら、頑張れよって、言ったことを思い出す。勉強より、しっかり元気で、育つて欲しいが、モットーで、私も主人も、子供達の進学も、自分の行きたい学校にさせた。お金は、進学だっと随分かかる。子供達が、いたから働いている気がします。でも元気一杯の子供達の笑顔に支えられ今も、頑張れる気が、します。ありがとう生まれてきてくれてっ
と子供達に言いたい。


[この記事を読む]


お盆

2010年08月20日

子供達が、久々に帰って来て、一番の開口は、母さん、太ったねぇ〜!ガ〜ンっとくる一言、別に、そんなに変わっていない少し太ったかもね。子供達は、なかなか手厳しい容赦なくチェックが入ってくる。床を磨けっと言われ、お風呂の、かたずけを、さばるなっと言いたい放題帰って来て墓参りだけは、しっかりしていましたが、私の手伝いは、全く無くクウラーの有る部屋で、グーウグーッっと寝てた。唯一くっろいで、いられる、我が家なのだろう。暑い夏まだまだ続きそう。あーっというまのお盆が終わり嵐のように、帰って行った。後が、大変、宅急便で送る荷物の山、アングリっと、口の開いた感じになりながら、整理するっと、可愛いかった子供達の小さな頃の写真が!偶然でてきた。それをみながら、整理する私なんか、老いを感じながら、子供達の成長を感じるお盆でした。


[この記事を読む]


あなたにピッタリの保険商品をサポート!乗り合い保険会社の岩崎保険事務所あなたにピッタリの保険商品をサポート!乗り合い保険会社の岩崎保険事務所
所在地 山口県周南市安田612
TEL.0833-91-0820 FAX.0833-91-5563
営業時間 9:00〜17:00(月〜金)
Copyright.2022 © 岩崎保険事務所 All Rights Reserved.