feed

我が家のビック

トップページ » 施工事例 » 我が家のビック

最近めっきり元気がなくなった我が家の愛犬の雌ビックちゃんこの春17歳の春を迎えめっきり食欲がなく人間でいえば、100歳ぐらいになるかも少し雨続きで、ぐったりモードの13日の朝4時頃鳴き声がして、主人も私も、すぐに犬小屋に駆けっけた。倒れ横になったからだを立て直そうっと一生懸命からだをよじりながら私達を見つめるけれども、目が、見えてない?脚が立たず、じーっとしている 声をかけせめて水を飲めばっと口に含ませたい。でも、飲まないジャーキを小さく切っても駄目ここ二日ろくに餌らしきものを食べていない、がりがりに痩せた、からだをなで、ついつい出て来る涙を脱ぐいながら、タオルを体にかけて、又起き上がろっとする切なくなり抱きあげるけれども、脚が立たない毛布の上にゆっくりっと横たわらせた、抱きしめて名前を何度も呼ぶけれども、耳も聞こえないらしい?そして、最後に、はあ〜っはあ〜っといいながら息を静かに引きとった。17歳の初夏5時30分永眠。悲しいくってここさいきんの事思い出し辛くって辛くって、嗚咽がでるほど泣いて、ず〜っと目が真っ赤バスタオルに顔埋め泣きぢゃ
くりました。不謹慎だけど、親が亡くなった時より、泣きました。呆れかえる主人を横目に全くの無気力になりました。御飯っていう主人の声を無視ひたすら泣きぢゃくりました。夕方食事作りたくない私に外食嫌いの主人は、ジョイフルにでも行くかって、かなり気を使ってくれました。主人はカツカレーと、うどんを私は、雑炊をたのんでいざ、来てみるっと涙が、、、出て、食べれない主人は結局、カツカレーと、うどんと雑炊三品を食べるはめになってめちゃめちゃ苦しかったようで、しかもジョイフルで泣くおばさんずれ?随分変な目で見られてました。50代の男女なんって興味ないけれども、泣くおばさんを不思議に思い違和感を感じた事でしょう。パパご迷惑かけてすみません、でもでも食べれないよ。
ビックちゃん今度生まれ変われたら、又家に来てね。願いました。





所在地 山口県周南市安田612
TEL.0834-91-0820 FAX.0834-91-5563
営業時間 9:00〜17:00(月〜金)
Copyright2020 © 岩崎保険事務所 All Rights Reserved.