辛坊さんの、講演

トップページ » 辛坊さんの、講演

2017年10月13日

 めちゃくちゃ良かった、講演いろいろな、話が面白く聞きいってしまった。

そこまで言って委員会の、テレビ司会も、面白いが、この方の話とっても、テンポが、あり、聞いってしまった、数年前の、太平洋横断中、舟で、全盲の、方と、遭難したとき、死を覚悟したそうだ、どんどん水が入ってきている、この舟は、確実に、15分後に、沈む今、海の中に、飛びこめば、自分だけは、助かる‼でも、全盲の、友人は、おいていけない、ならば一緒に、死のうって決めた。

いかだボートを、拡げ赤と白の、細いロープが、手のひらから、風でズルズルと、抜けてあと、どんなに頑張っても、このロープが、全部はずれってしまたら、もう、覚悟するしかないっと、握りしめるロープものがなしいかな、後、数センチのところで、手のひらで、止まった‼

なんっと、最後に、結び目が、あり、それが、引っ掛かり奇跡的に止まった‼又、出港の時さい外さないでおいていた、ポールが、舟に、ついていた、いろいろな偶然が、かさなり、全盲の、友達に、協力してもらいながら、いかだボートに、移り舟の、沈むのを、みながら、救援を、待った、しかも、日本にしかない、特別な、飛行機で、助けられて、いくつもの偶然が、生と死の、境をわけた、そして、最後ダメかもっと、思った瞬間思い出したのは、やはり、奥様の、顔、しかも、いつもの、行きつけのレストランで、夫婦で向かい合い食事を、するそうだ。

でも、何故か奥様ひとりで、座って食事を、している、光景が、浮かんだっと、話されました、この日本に生まれって本当にたすかったのだ、っと、何故なら、あの、水陸両用の小型飛行機は、日本に数台しかなくましてやこの、突風の、嵐の、中命懸けで、救える訓練を、受けている自衛隊、辛坊さんは、この命がたくさんの人たちに、支えられっていることを、感謝しますっと、おしゃられってました。

又、関東と、関西では、テレビ倫理考え方違っていて、関西は、乗り発言的な、ものが、許している感が、あるものも、関東では、大問題に、発展するらしい。同じことを発言しても、モラルが、違っう?

ある意味同じ国なのに、情報量が、かなり、違っていて、真実が、伝わらない?解釈上違ってうけとれる?感慨深い話しもされました。

ただ、この世に望まれて、人が、死を前にしたとき、人柄が、でるのだなーっと、思う。

せめて、誰かのお役に、たてたかな?残された伴侶は、しやわせな、生活を、この先おくっていけるんだろか?

皆やはり、目まぐるしい総括が、頭のなかを、駆け巡るんだろうなーっと、思う、

辛坊さんは、正直者だっと、思った、そして視聴者の、私達と、変わらない、感性と、いつも家では、良いお父さんなんだっと、思う、人に感謝して、自分の生き方を、戒め、そして思いやりや、強さ優しさが、生まれってくる、この世に生まれってきた、意味を、改めて、知る、家族を、大切に、友達や、他人にも、優しく変わらないあたたかさで、包む。


トラックバック

トラックバックURL


所在地 山口県周南市安田612
TEL.0833-91-0820 FAX.0833-91-5563
営業時間 9:00〜18:00(月〜金)
Copyright©2020 岩崎保険事務所 All Rights Reserved.